私のおはこはラップのタダフォルムだ。

私の特徴はラップの不要進め方だ。広がる脈動(場合によってはヒューマンビートボックスやアカペラのときもあります)を聞きながら、即興で台詞をつなぎ、韻を踏みながらテンポに乗る。そんな感じのことです。中学の頃からラップに出会って、学徒の頃は地元の班で常々連夜ラップする四六時中。おかげでかなりのわざってボキャブラリーが自分についたと思います。身がはじめた頃は、ラップなんて間近は全然心構えがなくて「yo!yo!」の人物でしょ?とか馬鹿にされることもあったんですが、最近は高校ラップ選手権などの影響で知名度もかなり上がったので、時に身の回りにふられて不要進め方ラップをすると「まあ!すげぇ!」といった驚愕されます。こういう10歳で、いやに国家変わったな、と思いますけど、身は変わらずこれからも日常の些細なことから政治的ときまで幅広くラップで表現していこうと思います。なにかしら自分の取り柄を持つことは果たして大切なことです。おすすめはこちら!